2014年07月04日

NO.49『悲しき天使』

49回目にオススメする曲は、「悲しき天使」です。

元々この曲は、ロシア民謡が原曲になっていますが、1968年にポール・マッカートニーがプロデュースした歌手メリー・ホプキンに「悲しき天使」のタイトルで発表したのが爆発的なヒットになったようですね。

「悲しき天使」は私も大好きですが、聴いていた当時、ロシア民謡だとは知りませんでした。
ただその話を聞いて再度聴くと、「確かに曲調は、ロシアっぽい」と思いました。
(ちょっといい加減ですいません。)

私が最初に「悲しき天使」を知ったのは、歌ではなく、やはりイージーリスニングからでした。
編曲はポールモーリアです。

彼の編曲は、結構、賑やかな感じだったので、メロディーとは裏腹に楽しくなったりしていました。「悲しくなかったです。」(笑)

彼のアレンジは、明るい感じが多いので、人気の秘密もそこにあるのかもしれません。

この曲を聴いてのイメージは、石畳の路地をピエロがパフォーマンスや、時には飛び跳ねたり回ったりしながら歩いている。
そんな感じですかね。

是非一度、聴いてみてください。


試聴はこちら



ロシア民謡


メリー・ホプキン


posted by 燦智仁(Kagayaki Norihito) at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イージーリスニングお薦め曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © 癒し系 イージーリスニング音楽の世界 All Rights Reserved.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。