2016年09月02日

NO.159『ふたりの天使』

159回目にご紹介するお薦めのイージーリスニング音楽は、「ふたりの天使(Concerto pour une voix)」です。

この曲は、レーモン・ルフェーブルによってアレンジされました。 

元々この曲は、サン・プルー(Saint Preux)が1969年に作った曲で、かつてスキャットの女王として有名でだったダニエル・リカーリ(Danielle Licari)の代表曲であり、彼女の音域の広い女性の声を楽器として扱い、それは見事でありました。

この曲のイメージは、多分みなさん同じだと思いますが一言で言うと『哀愁』ではないかと思います。秋の夕暮れに聴くのがお薦めです。

これからの季節に是非一度聴いてみてください。








posted by 燦智仁(Kagayaki Norihito) at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イージーリスニングお薦め曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Copyright © 癒し系 イージーリスニング音楽の世界 All Rights Reserved.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。