2016年09月09日

NO.160『こうもり 序曲』

160回目にご紹介するお薦めのイージーリスニング音楽は、「こうもり 序曲(Die Fledermaus)」です。

歌劇『こうもり』の序曲で、過激といってもオペレッタというオペラよりは基本的に短く娯楽的な要素が高い作品です。

この曲は、ワルツ王と呼ばれたヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauß II)によって書かれました。

私が、初めてこの曲を知ったのは、TVアニメ『トムとジェリー(Tom and Jerry)』の星空の音楽会(Tom and Jerry in the Hollywood Bowl)でしたね。

非常に良い曲だなぁという印象的で心に残っていました。
この曲がオペレッタだと知ったのは、大人になってからでした。

数々の有名な指揮者が、この曲を手がけておりましが、今回はウィーン国立歌劇場の音楽監督を務められた小澤 征爾を選んでみました。

是非一度、聴いてみてください。




(Tom and Jerry in the Hollywood Bowl)



posted by 燦智仁(Kagayaki Norihito) at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イージーリスニングお薦め曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Copyright © 癒し系 イージーリスニング音楽の世界 All Rights Reserved.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。