2018年03月31日

NO.227『南国のバラ(Rosen aus dem Süden)』

227回目にご紹介するお薦めのイージーリスニング音楽は、「南国のバラ(Rosen aus dem Süden)」です。

この曲は、1880年にヨハン・シュトラウス2世が作曲したワルツです。

Wikiによると「ハインリヒ・ボーアマン=リーゲンの小説を原作とする自作のオペレッタ《女王陛下のハンカチーフ》を素材としている。
1880年10月1日にアン・デア・ウィーン劇場で初演されたこのオペレッタをイタリア王ウンベルト1世が大変気に入ったと耳にしたシュトラウスが、即座に編曲して王に献上したのがこのワルツである。」

今回は アンドレ・リュウ(André Rieu)のアレンジでお届けします。

彼は、オランダのヴァイオリニストであり、指揮者でもあります。

ヨーロッパやアメリカで大変人気があり、特にヨハン・シュトラウス2世などのウィンナワルツに造詣が深く、ヨハン・シュトラウス・オーケストラを結成する程だそうです。

是非一度聴いてみて下さい。


Andre Rieu live at Schönbrunn Vienna 2006 -





posted by 燦智仁(Kagayaki Norihito) at 18:00| Comment(0) | イージーリスニングお薦め曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 癒し系 イージーリスニング音楽の世界 All Rights Reserved.